バイクでもETCカードは利用できますか?

二輪のバイクにもETCカードを使用するための車載器を取り付けることは可能です。

ただし注意事項がいくつかあるので、あわせてお話ししておきましょう。

■バイクにもETCカードの車載器は設置可能。

バイクでも乗用車でも同じようにETCカードを使用できます。

ETCカードを発行したら、ETC車載器を購入して、専門店でセットアップしてもらいます。

後は普通と同じように使えます。

セットアップには3,000円程度の手数料が必要になりますが、これは個人では行えないので必ず専門店の担当者に依頼してください。

ただしバイクのETC車載器には問題が1つあります。

車載器が雨に打たれてしまうので、何らかの対策が必要ということです。

■むき出しになるETC車載器の取り付け。

ETC車載器の販売店に行けば、バイク用の車載器が売っています。

バイク用に雨に打たれてもいいような工夫はされているはずですから、店員とよく相談しましょう。

車載器を取り付けるバイクに、独特な細工(カスタム車)が施されている場合は、取り付けそのものができない場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

■バイク用の車載器は、雨に影響を受けない場所、直射日光の影響を受けにくい場所に取り付けましょう。

バイクの場合は、ETC車載器やETCカードがむき出しになる可能性があります。

雨や直射日光には弱いので、注意が必要です。

とくにETCカードは熱に弱いので、陰になるところに車載器を設置したとしても、ETCカードを差し込んだままバイクから離れるようなことは厳禁です。

盗難の恐れもあります。


Sorry, Comments are closed.