観光先でレンタカーを借りた場合

ETCカードは、レンタカーに車載器がセットアップされていれば、普段どおりに自分のETCカードを挿入して使えます。

注意事項があるので、あわせてお話ししておきます。

■レンタカーでも普通どおりに利用可能。

ETCカードはレンタカーでも友人や知り合いの車でも、ETC車載器が設置されていれば、自分のETCカードを差し込んで使用できます。

高速道路をそのレンタカーで利用した場合、まったく変わりなく通常の請求先に利用料金等が記載され送られてきます。

■ETC車載器とETCカードの情報の違い。

ETC車載器とETCカードには、異なる情報がインプットされています。

ETC車載器にはその機械を搭載した車の情報しか登録されていません。

ETCカードのほうには、ETCカードの持ち主である本人の個人情報一式が記載されています。

そのような別々の構造になっているので、ETC車載器が別のものであっても、そこにETCカードを差し込めば、カード本人が高速道路を利用したと認識されます。

■レンタカーでもETCカードを利用することは可能です。

ただし友人や他人の車で使う場合は注意しましょう。

他人の車のETC車載器に自分のETCカードを差し込んで使った場合は、カードに登録してある自分の請求先に料金の請求が来ます。

これを悪用したのが、ETCカード詐欺です。

車載器に差し込まれたままのETCカードを盗んで高速道路を乗り回せば、盗賊団は使い放題。

悪気はなくても他人の車を借りて差しっぱなしにすれば、同様のトラブルが起きます。


Sorry, Comments are closed.